WORKS

裾野市「白い家と黒い家」2棟が繋がるエクステリア

裾野市S様邸

施工タイプ: オープンエクステリア

同一敷地内に建つ住宅の2件分のエクステリア事案になります。土地は二筆に分かれていますが、特別敷地を分ける見切りは設けず、地先ブロックと芝生による法面で高低差と区切りを設けました。周辺環境は箱根山を見渡せ、東面は芝畑が広がります。白い家と黒い家のお互いが活かしあえるよう設計しました。白い家の寝室の窓を隠すように設けた目隠しフェンスは黒い家のファサードを整える役割も担っています。道路に側溝がなかった為、敷地内で排水が出来るよう駐車場と道路の間に暗渠排水を設け地中に流れていくよう環境にも配慮しました。2棟が繋がる事で景観も整い素敵な住環境になったかと思います。

黒と白と対照的な外観の住宅。ウッドフェンスで簡易的に仕切っています。
浮遊感をもたせた階段。
目隠しフェンス
夜景

SHARE