WORKS

富士宮市 セキュリティを考慮した高級感あるクローズエクステリア

富士宮市I様邸

施工タイプ: クローズ

クローズエクステリアを設計する際に街に対し、どのように緑を、配置するかを考えています。全面的に高い塀で覆ってしまうと圧迫感がでたり、硬いイメージになってしまうため、街に対してどのように閉じて、どのように開くかを考えます。
今回は、門扉、ゲートは抜け感のあるものを採用し、奥のお庭の緑が感じられるような計画とし、また道路境界よりセットバックすることで植栽スペースが生まれ、街に対して優しい空間となります。
敷地に入り奥に向かうに従い床の高さを上げており、シーンに応じて使い方を分けられるようにしています。

シマトネリコが構造物の高さの緩和をしてクローズでありながら優しい印象となります。
アプローチを抜けるとカツラの木が迎えてくれます。木立が風を作り室内に風を運んでくれます。プールも楽しんでいただいていました。
エントランスからアプローチを見返すと建物の柱がフレームとなり一つのシーンを作ってくれます。
基礎部分を緑で隠すことで優しい印象になります。
お庭側からの景色。
家庭菜園はプランターにて楽しめます。
夜のシーン。光があると落ち着きます。

SHARE