WORKS

沼津市「寛ぐ、楽しむ、眺める。」リゾートホテルのラウンジのような空間にリフォーム

沼津市Mさま邸

施工タイプ: ガーデンリフォーム

芝生の手入れやウッドデッキの手入れが大変でお庭に出た時に隣地アパートからの視線が気になるのでどうにかしたいという依頼からスタートしました。
元々は大きなウッドデッキと芝生がある素敵なお庭でしたが、芝生の育成状態、水捌けが悪くしっかりと育っていませんでした。また庭で寛ぐという上では隣地アパートからの視線が気になり寛ぎにくい空間となっていました。
今回のご提案では、メンテナンスが出来るだけかからず、日々の暮らしの中でほっと一息できるような日常の中に非日常を味わえるような空間作りを目指しています。
「庭で寛ぐ」、「庭で楽しむ」、「庭を部屋から眺める」という要素を詰め込み計画をスタートしました。

空間構成の中に「静と動」の対比の効果を持たせ、ウッドデッキを静的、タイルテラスを動的、ルーフテラスを静的空間として、部屋の延長としてのウッドデッキ、子どもが楽しむタイルテラス、家族で寛ぐルーフテラスとしてゾーニングしています。
建物の格子の線のデザインを庭にも取り入れ、床面や立面に線のラインを取り入れています。
カラーリングはリゾート感あふれる高級感が出るような配色としました。


既存であったシマトネリコを活かし、室内と対面するようにルーフテラスを設け、庭の中心をお子様たちが遊べる動的な空間としています。庭の中心では子供たちが縄跳びをしたり、プールをするスペースとなります。
元々が素敵な庭でしたが、それを刷新する新しい庭となりました。

全景。縦格子が程よく視線をカットします。
リビングから。建物の格子デザインとの連動を図っています。
夜景。昼間とはまた変わった印象に。
BEFORE

SHARE